仮想サーファーの波乗り

仮想サーファーの日常

プログラミング・SNS分析・仮想通貨・自動化などに関してよく書く雑記ブログ

短時間と最安と最低限の栄養を追求した結果、こんな食生活になりました。


今回は、周りから「バグってる!」「普通じゃない!」と言われまくる僕の食生活に関して書いておきます。


家族や会社の同僚からは↑のように迫害されていますが、これを読んでいる人の中には共感できる人もいるのかな?思っての食生活披露です。時間がない!お金もない!でも栄養素は最低限は摂りたい!と考えて試行錯誤した先にこの境地に行き着きました。


僕の食生活とは?


僕が周りから迫害されている食生活がこちらです。


【平日】
朝食:なし
昼食:お茶漬け(会社で)
夜食:豚キムチ納豆丼(家で)


【休日】
朝食:なし
昼食: ファミリー◯ートの100円のクロワッサンパン1袋(イートインとかで)
夜食:豚キムチ納豆丼(家で)


自分で改めて見ても、超シンプルな献立ですね。
ここからは、読者の方が持ちうるであろう疑問に答えていきます。


毎晩豚キムチ納豆丼って飽きないの??


はい。飽きません。
むしろ、毎回の食事に変化を持たせるべきだって本当にそうですか?
僕は食事に多様性を持たせる価値観を重んじていません。


ぶっちゃけ貧相に思えるんだけど。。。


それはあなたの価値観です。僕は「わび」の精神を体現していると思っています。昔アフリカに滞在した頃に「炭の味がするライス」しか食べられなかった生活に比べれば超贅沢な食生活を享受できています。


なんでその食事内容なの??


よくぞ聞いてくれました。これは僕が「摂取できる栄養/食事にかかる時間+金銭的コスト」を最大化させた現状の最適解です。
以前は、食事にかかる時間だけを最小化しようとして、外食だけの生活をしていたこともありますが、1ヶ月の食費が4万円を超えたので、これはまずいと思って方針転換しました。今は、1日の食費が600円程度、1ヶ月で1万8千円程度にまで削減できました。2万2千円ものコスト削減です...!
また、納豆豚キムチ丼の栄養素たるや。たんぱく質・ビタミン・糖質・脂質・食物繊維の5大栄養素は確実に摂取できます。そして、料理にかかる時間は5分程度(炊飯器のボタン押して、食材炒めるだけ)。そして、割と美味しい。最高のコスパを誇っているメニューだと自負しています。


他人と食事に行く時はどうするの?


これはいい質問ですね。他人と食事に行く時は、金銭を気にせず美味しいものを食べに行きます。他人と一緒に食事を取るのには何かしら目的がある(家族と食事するのであれば、家族の団欒を楽しむ。同僚とランチに行くのであれば、チームとしての結束感を強める。)と思っているので、そのためには金銭的コストは負担になりません。そして、これは食生活がバグっているからこその効用ですが、普段から質素な食生活をしているので、他人と食事に行くと、その豪華さに感動を覚え、その場での食事も会話も最大限楽しむことができます。ギャップ最高。


飲み会とか行ったらもっと食費かかるでしょ?


これは一種の悩みですねえ。しかし、そもそも飲み会って参加しないといけないんでしょうか。会社の愚痴だけしか出てこない会合に大事な時間を使うくらいなら、多少嫌われてでも飲み会は積極的に断るべきだと思っています。付き合いでしかない目的のない飲み会は「仕事が溜まっているので。」と言えばあっさり断れます。仕事はいくらでも増やすことができますし、会社の同僚の方としても、仕事がある同僚を無理に飲みに誘うことはできないですからね。これで飲み会の参加を3ヶ月に1回くらいにまで削減できます。


食事に楽しみが感じられない生き方って寂しいね。。。


これ結構言われるんですが、本当にそうなんですかね。食事で喜びを感じるのって、マズローの欲求5段階説で言ったら最も低次な欲求ですよ?あと、食事にコストをかけて一番悲しいのは、欲求を満たしても満たしても蓄積されないことですね(脂肪は蓄積されますが)。それに比べて、知的好奇心などは満たせば満たすだけ知性としてその後の人生において新たな価値に変換しやすいし、蓄積もされるものだと捉えています。そう考えると、食事にコストをかけるよりも知的インプットにコストをかけた方がいいじゃないですか。食費や食事時間に時間をかけて一生その日暮らしの労働しか生き方を選択できない方が、圧倒的に寂しいです。
f:id:virtual-surfer:20180204133504p:plain
(画像:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E7%90%86%E8%AB%96


納豆臭いし嫌いなんだけど。。。


食べてみると意外に美味いよ。笑



はい。想定される疑問にはすべてお答えできました。
とはいえ、会社や家族や友人から上記の質問をされたら同じように回答するようにしてるのですが、基本的に共感はされませんね。。。圧倒的マイノリティーの座を享受させてもらってます。


まだまだ食生活の改善は続く


ここまで僕の(一般的にはバグってるとされる)食生活をご紹介しましたが、コスパを追求しすぎて僕より狂ってる食生活を送っている人は、はてな読者の方の中には数多いるのではと思います。


「新たな食生活から発見を楽しみたい!」
「もっとコスパのいい食生活を追求したい!」
「隠れキリシタン出てこい!」


ということで、コスパのいい食生活を知っている方がいれば、コメントいただけると幸いです。新たな食事方法を探求する同志が見つかることを楽しみにしています。生理的欲求よりも、承認欲求を満たしたいです。笑


では!
(面白いと思っていただけたら、「B!ブックマーク」していただけると嬉しいです!!)