仮想サーファーの波乗り

仮想化エンジニアの日常

プログラミング・SNS分析・仮想通貨・自動化などに関してよく書く雑記ブログ

コインチェックXEM不正流出事件後のTwitterの状況がカオス過ぎた件


こんにちは!


昨日はコインチェックのXEM不正流出騒動でTwitterが荒れに荒れていましたね。
噂から情報を聞きつけて、昨日は仕事が手につかなかったという方もいるのでは。


今回は、そんな昨日の騒動後のTwitterでの状況がカオスだったので、起きていたことと思ったことをまとめておきます

コインチェックの今回の騒動に対して、Twitter上での反応は?


何かがおかしい...??




不正流出の噂が広がる...。



出川がいじられ始める。



まだ会社としても事態の深刻さは認識が甘い状態...?


情報が不確定な中で、15時頃には記事を出すプロ。被害者からの相当なリプの数を見事にあざ笑う様は流石でした。いろんな意味で。


f:id:virtual-surfer:20180127113456p:plain
ビットコイン取引所「コインチェック」で620億円以上が不正に引き出される被害が発生か(山本一郎) - 個人 - Yahoo!ニュース


すでに切り替えて代表の今後の活躍を応援するツワモノ


「人の振り見て我が振り直せ」の権化。自分ごとで考えて、中の人の心配してる。


Goxした場合の今後の税金の扱いに関して考え始めるもの


NEMのCEOがハッキング被害は確実であると断言する発言


カネ返せネタ続々



会見前のコインチェック社前の状況


状況すぐに飲み込んで行動してリスク分散させたツワモノ


すぐにネタに変える笑いのプロ


詐欺アカウント現れ始める。。。


なんともカオスな1日でした。

事件発生20時間後の23時半、記者会見開始


記者会見が23:30から開始されました。事件発生直後の3時から寝てないのか、事態を受け止めきれていないのか、和田さんの表情がなんとも印象的なものでした。記者からの回答に対しても、心ここにあらずという声色になってしまっていました。


↓記者会見の様子①


↓記者会見の様子②

コインチェックに資産を入れていた人は、この記者会見を見ていて「取引所に置いていた資産は返還されるのか?」ということがもっとも気になっていたかと思いますが、その質問に対しての回答は基本的に取締役である大塚さんが行い、「検討します。」というもの。現状の被害の状況や、被害の原因などがまとまっていない状態で下手に回答してユーザーに期待を持たせるよりも、まっとうな回答をしていたのではないでしょうか。


この記者会見中のtwitter民の反応がすごい。


f:id:virtual-surfer:20180127111653p:plain

「みんな夢も持って人生変えようと思って勇気を振り絞った結果これか」

この件で大幅な損をしている人が振り絞ったのは勇気じゃなくて、「楽して儲かりたいっていう欲」でしかないし、その見返りがきただけ。知恵振り絞っておけばオンラインじゃないウォレットに保管するのが一番損を被るリスク少ないってちょっとググればわかってたはず。そんで取引所に置くの危ないの認識してるけど、ウォレットにうつすのめんどくさいって後回しにしてた(楽してた)だけじゃん。自分の行動悔い改めよ。


f:id:virtual-surfer:20180127112232p:plain

「とりあえず泣きながら土下座してください。セキュリティが甘すぎる。」


甘かったのはあなたのセキュリティ意識も一緒。取引所を信用して資産おいてたんでしょ?セキュリティ甘すぎじゃね?泣きながら土下座しろって謝ったらそれで明日には綺麗さっぱり忘れるのかよ。何が悪くて、これからどう対応していくのが最善なのか考えて、これから同じようなことが起きた時に対処できるようにするのが最初にやるべきことでしょ。


今回の記者会見を通して、人がどれだけ易きに流れるか、問題が起こった時にどう反応するのかが見事に現れましたね。

コインチェック今後どうなる?

コインチェックの公式サイトのセキュリティについてのページを確認すると、流動しない分に関しては、完全に物理的に隔離された状態で保管していると明記しています。 この流動しない分という解釈の余地がどの程度なのか、訴訟になれば争うことになるのではないでしょうか。

f:id:virtual-surfer:20180127105718p:plain (画像:https://coincheck.com/ja/documents/security

これから仮想通貨市場がどうなっていくのか、出川組は何人が離れていくのか。またいつ帰ってくるのか。いろいろと気になることが多いですね。

これからの動きにも注視していきましょう。

では。