仮想サーファーの波乗り

仮想化エンジニアの日常

プログラミング・SNS分析・仮想通貨・自動化などに関してよく書く雑記ブログ

上海で最大規模の本屋「上海图书城」の行き方、店内の様子


今回は、上海で最大規模の本屋「上海图书城」の行き方と店内の様子を紹介します。

上海图书城は市民中心駅からシェア自転車で3分ほどの位置にある上海で最大規模の本屋で、7階まであって各階で様々な本が売られています。


上海图书城への行き方は?

市民中心駅と南京東路駅の中間地点にあります。市民中心駅付近でシェア自転車を見つけていくと良いでしょう。


上海图书城の中の様子

上海图书城の中の様子を紹介していきます。


f:id:virtual-surfer:20180505151035j:plain

入ってすぐの様子。新刊やオススメ書籍が並んでいます。


f:id:virtual-surfer:20180505151051j:plain

2階にはスターバックスもあります。


f:id:virtual-surfer:20180505151117j:plain

写真では分かりづらいですが、売られている本の中には、ヨレてしまっているものも多いです。多くの人に読まれている本はヨレているようですね。


f:id:virtual-surfer:20180505151134j:plain

床に座りながら話をしている・ノートを広げて本を読んでいる人も多くいました。


f:id:virtual-surfer:20180505151208j:plain

1階に購入カウンターがあるので、そこで購入します。


まとめ

上海で最大規模の本屋「上海图书城」の行き方と店内の様子の紹介でした。日本では見ることのできない本もあれば、日本の漫画、英語の本もあるので、立ち読みするだけでも楽しかったです。

近くに行くことがあれば、立ち寄ってみても面白いかもしれません。


では!