仮想サーファーの波乗り

仮想サーファーの日常

プログラミング・エンジニアのスキルアップ・ブログ運営などに関してよく書く雑記ブログ

➡ Udemyで5/14(木)まで年内最安の割引セール開催中! 1,200円〜で普段の95%OFFも!

gitの複数アカウント管理で詰まった「ERROR: Repository not found. fatal: Could not read from remote repository.」


git pushしようとするとアクセスできないっすよと言われる...。

git複数アカウント管理の問題解決

$ git push -u origin master

ERROR: Repository not found.
fatal: Could not read from remote repository.

Please make sure you have the correct access rights
and the repository exists.


「$ git remote -v」コマンドでremoteのgitのfetch/push先のアドレス確認。

$ git remote -v

origin  git@github.com:xxxxx/app.git (fetch)
origin  git@github.com:xxxxx/app.git (push)


「$ ssh git@github.com」コマンドでgithubにssh接続してみる。

$ ssh git@github.com

PTY allocation request failed on channel 0
Hi yyyyy! You've successfully authenticated, but GitHub does not provide shell access.
Connection to github.com closed.

「xxxxx」というユーザー名でssh接続したいのに、「yyyyy」というユーザー名でssh接続しているみたい。


「$ git config --list」コマンドでgitconfigを確認すると、ユーザー名が登録されてない...。

$ git config --list

credential.helper=osxkeychain
user.email=xxx.xxx@gmail.com
core.repositoryformatversion=0
core.filemode=true
core.bare=false
core.logallrefupdates=true
core.ignorecase=true
core.precomposeunicode=true
remote.origin.url=git@github.com:xxxxx/app.git
remote.origin.fetch=+refs/heads/*:refs/remotes/origin/*
branch.master.remote=origin
branch.master.merge=refs/heads/master


「$ git config --global user.name "{username}"」コマンドでユーザー名登録する。

$ git config --global user.name "xxxxx"


再度「$ git config --list」コマンドでユーザー名「xxxxx」が登録されていることを確認。

$ git config --list

credential.helper=osxkeychain
user.email=xxx.xxx@gmail.com
user.name=xxxxx
core.repositoryformatversion=0
core.filemode=true
core.bare=false
core.logallrefupdates=true
core.ignorecase=true
core.precomposeunicode=true
remote.origin.url=git@github.com:xxxxx/app.git
remote.origin.fetch=+refs/heads/*:refs/remotes/origin/*
branch.master.remote=origin
branch.master.merge=refs/heads/master


pushしてみる。

$ git push -u origin master

Counting objects: 35, done.
Delta compression using up to 4 threads.
Compressing objects: 100% (31/31), done.
Writing objects: 100% (35/35), 18.46 KiB | 0 bytes/s, done.
Total 35 (delta 5), reused 0 (delta 0)
remote: Resolving deltas: 100% (5/5), done.
To github.com:xxxxx/app.git
 * [new branch]      master -> master
Branch master set up to track remote branch master from origin.

プッシュ成功!

ユーザー名の登録忘れてたみたいですね。悲しみの凡ミス。


【追記】

後日pushしようとしたらできなかったので、加筆。


プッシュしようとすると...

$ git push origin master

ERROR: Repository not found.
fatal: Could not read from remote repository.

Please make sure you have the correct access rights
and the repository exists.

レポジトリにアクセスできるか確認してねエラーが出る...。


$ ssh -T 

ERROR: Repository not found.
fatal: Could not read from remote repository.

Please make sure you have the correct access rights
and the repository exists.


SSH接続を試してみると、まだ期待していないユーザー名でログインしたことになってしまっているよう。

$ ssh -T git@github.com

Hi yyyyy! You've successfully authenticated, but GitHub does not provide shell access.


秘密鍵をssh-agentに登録できていないようなので、登録します。

$ ssh-add ~/.ssh/id_rsa


再度ssh接続してみると

$ ssh -T git@github.com

Hi xxxxx! You've successfully authenticated, but GitHub does not provide shell access.

期待通りのユーザーでログインできています!


これでpushできるようになったか確認

$ git push origin master

Counting objects: 47, done.
Delta compression using up to 4 threads.
Compressing objects: 100% (43/43), done.
Writing objects: 100% (47/47), 19.45 KiB | 0 bytes/s, done.
Total 47 (delta 14), reused 0 (delta 0)
remote: Resolving deltas: 100% (14/14), done.
To github.com:xxxxx/xxx.git
 + 765fb79...67665aa master -> master

いけてますね!これで問題なくpushできるようになりました!


Gitに関してしっかり学びたい方へ

Gitに関してしっかり学びたいという方向けに、おすすめの本とUdemyのコースを紹介しておきます。


Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33 改訂新版

Gitに関して基本を学びたい!という方にはこの本がオススメ。Gitに関して個人的には一番理解しやすかったです。


Git: もう怖くないGit!チーム開発で必要なGitを完全マスター

f:id:virtual-surfer:20191202121319p:plain

このコースで学べること

  • Gitの基礎(データ構造、仕組み)理解
  • Gitでのチーム開発の方法と一通りのコマンド
  • GitHubを用いたプルリクエスト・レビュー・マージの開発フロー
  • ブランチ作成とコンフリクト解消

エンジニアになってチーム開発をするときに99%使うことになるGitとGithubに関して、基本的な使い方と仕組みを理解できるコースです。

仕組みを図解で理解しながら、自分で手を動かしてコマンドを打つことで、GitとGithubの使い方を自分のものにすることができます。

GitとGithubを使ったことがない方はもちろん、なんとなくGitのコマンドを使っているけど改めて仕組みを理解しておきたい方にオススメです。


Git: もう怖くないGit!チーム開発で必要なGitを完全マスター