仮想サーファーの波乗り

仮想サーファーの日常

プログラミング・エンジニアのスキルアップ・ブログ運営などに関してよく書く雑記ブログ

.gitigoneファイルに追加してもgitから消えない問題


.gitigoneファイルにgitに追加したくないファイルを指定してもgitignoreがきいていないのかgitから消せない問題に少しハマったのでメモ。

.gitigone反映されない問題の解決


以下のように「slackbot_settings.py」ファイルをgitに反映したくないので.gitignoreに記載します。

.gitignore

slackbot_settings.py

これでgitから参照されなくなるかな?と思って確認してみると、まだ参照されてる...。

$ git status

On branch master
Changes not staged for commit:
  (use "git add <file>..." to update what will be committed)
  (use "git checkout -- <file>..." to discard changes in working directory)

        modified:   slackbot_settings.py

色々ググっていると、Gitのインデックスに登録されてしまっているものは.gitignoreの対象にならないよう。(↓ 参考にさせてもらいました!)

[Git] .gitignoreの仕様詳解 - Qiita

インデックスから消し去ればいいのかということで、消し去ります。

$ git rm --cached slackbot_settings.py

rm 'slackbot_settings.py'


インデックス削除されたっぽいですね。確認してみます。

$ git status

On branch master
nothing to commit, working tree clean

gitから参照されないようになりました!一件落着。


Gitに関してしっかり学びたい方へ

Gitに関してしっかり学びたいという方向けに、おすすめの本とUdemyのコースを紹介しておきます。


Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33 改訂新版

Gitに関して基本を学びたい!という方にはこの本がオススメ。Gitに関して個人的には一番理解しやすかったです。


Git: もう怖くないGit!チーム開発で必要なGitを完全マスター

f:id:virtual-surfer:20191202121319p:plain

このコースで学べること

  • Gitの基礎(データ構造、仕組み)理解
  • Gitでのチーム開発の方法と一通りのコマンド
  • GitHubを用いたプルリクエスト・レビュー・マージの開発フロー
  • ブランチ作成とコンフリクト解消

エンジニアになってチーム開発をするときに99%使うことになるGitとGithubに関して、基本的な使い方と仕組みを理解できるコースです。

仕組みを図解で理解しながら、自分で手を動かしてコマンドを打つことで、GitとGithubの使い方を自分のものにすることができます。

GitとGithubを使ったことがない方はもちろん、なんとなくGitのコマンドを使っているけど改めて仕組みを理解しておきたい方にオススメです。


Git: もう怖くないGit!チーム開発で必要なGitを完全マスター