仮想サーファーの波乗り

仮想サーファーの日常

プログラミング・SNS分析・自動化などに関してよく書く雑記ブログ

滋賀で観光するならここは行かないと!滋賀のラコリーナ近江八幡がオススメな件


滋賀県の近江八幡にあるラコリーナ近江八幡という場所に行ってきました。


特に甘いものが好きという訳ではないですが、ここのバウムクーヘンは最高に美味しかった。

甘いもの好きな人なら、人生で一度は行ってみてほしい( ・v・)b


f:id:virtual-surfer:20190330181131j:plain

こちらが今回食べたバウムクーヘンのセット。コーヒーやカフェラテとバウムクーヘンで900円(くらい)。

ちょっとお高めですが、めちゃくちゃ美味しいので追加で500円くらい課金したい気持ちになりました。


卵の味が口全体に広がって、自然な甘さの砂糖とあわさってふわふわ溶けていって...口の中から精神が癒されました( ´ v ` )ノ


実食するまでは「バウムクーヘン4切れって少なくね...?もっと食べさせんかい!」と思ってましたが、実際に食べてみると4個が正解でした。

「あ、もう一口でも追加で食べたらしつこくなるな〜。」と思った瞬間に4個ちょうど食べ終わってました。

最高の食感動設計。ありがとうラコリーナ。


ラコリーナ近江八幡とは?

taneya.jp

たねやという会社が運営している施設。施設内にたねやグループの本社もあり、バウムクーヘンを食べられるカフェもあり、バウムクーヘンをつくっている工程をみることができる施設もあり。


平日の昼頃に行きましたが、めちゃくちゃ人で賑わっていました。大盛況。


f:id:virtual-surfer:20190330181824p:plain

ガレージを改装したような店内デザインのおしゃれなお土産やさん。


f:id:virtual-surfer:20190324220712j:plain

2時間ちょいで回りきれる広さで、草木と施設が境界なくなっているからかどこに行っても癒される。

施設内の造形の一つ一つに「なんでこの設計にしたんだろう...?」と考えることができる独特さがあり、満足感高かった。


ラコリーナの場所・アクセス

場所は、近江八幡駅から自転車もしくはバスで15分程度の場所にあります。

大阪駅からとかだと、近江八幡駅までJRで1時間半くらいでいけます。週末に近江八幡駅観光として行くくらいがちょうどよいですね。


バスでも片道300円ちょっとで行けますが、近江八幡駅で1日500円くらいのレンタサイクルを借りて街中を散策しながら向かうのもあり。

(参考:駅リンくん近江八幡店|滋賀のスポット情報【マイフェバ】


f:id:virtual-surfer:20190330182537j:plain

ぼくはチャリを借りて八幡堀と八幡宮にも寄ってラコリーナにもいきました。

八幡堀は時代劇のロケ地としてよく使われている場所。近江商人発祥の地とされている。ラコリーナまでチャリで3分くらいの近さで良きでした。


街並みも古き良き建築や西欧風の建築が並んでいて、建物を眺めているだけでも楽しめる。


ラコリーナの運営元って?

ラコリーナの運営元ってどこなんだろうか...?

と気になって調べてみたら、運営元のクラブハリエという会社の社長・山本さんのメッセージがとてもよきでした。

経営で一番考えてないことが数字です(笑)。「ひとつひとつを全力で取り組んだら結果どうなるか」の繰り返しなので博打に近い。
...僕は会社が成長して大きな木となり、葉が繁り、花が咲き、実がなるためには、それを支える根が大事だと思っています。
...地上の部分がみんなが見ている世界であって、根っこは、見えないところなんですね。見えるところにみんなが憧れるから、いいお菓子をつくってきれいに飾って売ろうということになるんです。そこが商売だと思っている人は多いと思うんですけれど、でも、根っこに、作る人とか、考える人とか、材料を仕入れる人とか、材料をつくってくれている人もいる。根っこは、人なんです。だから僕がこだわるのは地上の木ではなく、根っこです。しっかりとした地盤さえつくれば木は勝手に生えてきます。ちょっと待ってくれよというぐらいたくさん(笑)。
(引用:メッセージ - 株式会社クラブハリエ代表取締役社長 山本隆夫 | ラ コリーナ近江八幡 | たねや


・本気の繰り返しによって今がある。
・根っこ(見えないところ)にこだわる。

という言葉は、つい最近引退会見でイチロー選手が口にしたこととも通ずるところがあるなと勝手に想起してしまいました。


バウムクーヘン製造機の初代が飾られていました。これまでの事業の歴史が感じられてどことなく輝いて見える。

f:id:virtual-surfer:20190330182036p:plain


まとめ

以上、「滋賀・近江八幡のラコリーナ行ったら東京で消耗した精神が回復した話」でした!


関西に行く際は、ぜひ立ち寄ってみてください〜。人生で一度は味わいたいバウムクーヘンでした。


では!