仮想サーファーの波乗り

仮想サーファーの日常

プログラミング・SNS分析・自動化などに関してよく書く雑記ブログ

【書評】できることが減っていくという恐怖と絶望をなくす『サイボーグ時代』


吉藤 オリィさんの『サイボーグ時代 リアルとネットが融合する世界でやりたいことを実現する人生の戦略 (きずな出版)』を読んだので感想書いておきます。

twitter.com


「テクノロジーが加速度的に発展していく中で、人の本質は何か?」を読み解く良い本。

OriHimeを開発しているオリィ研究所の吉藤さんの普段の考え方、これからの社会はどうなっていくか、どう過ごしていくとよいかなどの考察を読んで、自分の時間の使い方を考え直すことができる本でした。


読んで印象に残った点


とくに印象に残った点をまとめておきます!!



人にとっての喜びとは。

人にとって、喜びとはなにか。

これを考える上で、逆の状態から考えるとわかりやすい。筆者は人間の絶望を「それまでできていたことが、できなくなっていくこと」にあると指摘していました。

筆者自身、学校に行くことができず家に引きこもってしまった時期を経験しており、その時代に次第に自分と周囲のできることの差が広がっていき、自分のできることがどんどん減っていくことを経験した。そのときにもっとも絶望的な気分となっていったと。


どんどんできることが減っていくことが絶望を生むとすると、逆に「できることがどんどん増えていくこと」に対して人は希望や喜びを感じる。

子供の頃に無性に幸せだったのは、できることがどんどん増えていったから。


じゃあ、できることが増えていくような世界で生きることができれば、人は喜びを感じやすくなるのではないか。

この考え方は納得感があったし、できることを増やしていくことが楽しいのは万人共通なんじゃないかなと。



逆年功序列の社会

これまでの社会は、先人の積み上げた経験や知識をもとに仕事の多くが進み、それらをもっている年配の人の価値が高く、若者は相対的に価値が低いとされてきた。

しかし、現代・これからの時代には、テクノロジーの進化が早く昨日までの正解が間違いになることもある。そのような状況下では、新しいテクノロジーに柔軟に対応できる若者の方が価値を持っているし、年配者は彼らから教えてもらう必要がある。


この指摘も確かになあと。ぼくはどちらかというとPCネイティブでどんな作業もパソコンでする方が早いのですが、今の大学生や高校生はほとんど全ての作業をスマホで完結させてしまう。

彼らにとっては、画像を編集する、動画を見る、友達と連絡する、...あらゆる作業においてスマホの方が馴染みがある。


このように世代によって後発のテクノロジーに最適化されて行くようになるので、より若者の方がその時点でのテクノロジーの最新に明るくなる傾向にあるんだと。



20年後から今の不便を見てみる

「20年後に自分の視点を移し、そこから現代をみてみると様々な解決するべき課題が見つかる」

という指摘をされていて、この考え方は実践しようと思いました。


2019年の現代から1999年を思い返すと、

・インターネット上で頻繁に連絡を取ることができずタウンワークをみて電話をかけていた。
・目的地まで行くのに本や地図を持ってあちこち探し回る必要があった。
・就職したら1社で勤め上げるのが普通だった。
・ネット上に実名で情報を出すなんて怖くてできない。
...etc

様々な不便だったものが見えてくる。


同じように、2039年の社会状況に自分がいると考えて、そこから2019年を見返してみると、多くの問題が見つかってくる。

・満員電車に揺られて毎朝出勤しなければならない。
・欲しいと思ったものをわざわざ検索して、安いサイトなど比較して自分の欲しい商品を選ぶ必要がある。
・異国の人と話すときに、わざわざ通訳を通す or Google 翻訳を開かないといけない。
・自分の情報をどこまでオープンにするかいちいち気にしなければならない。
...etc


このように、自分がどの時代にいるのか時間軸をずらしてみることで、新しい視点で現代の問題が明らかになってくる。


「道を通せんぼしている岩をなくして道を通る」という目的に対して、「岩を10年修行して手で叩き割る」ことを通して解決していた時代もあった。でも、現代では「ハンマーを使えば1分もかからずに叩き割る」ことができる。

テクノロジーによって手段はどんどんアップデートされていくから、これまでの常識とされていた手段を当然のように使い続けるのではなく、「何が目的なのか?」を見定めて、最適なテクノロジーを代わりに使えるようにならないといけないと。


まとめ

以上、『サイボーグ時代 リアルとネットが融合する世界でやりたいことを実現する人生の戦略』の書評でした!


現状の常識に対して違う視点から考察されていて、具体例も交えて説明されているので読みやすかった。


www.youtube.com

OriHimeで生まれる新しいコミュニケーション体験してみたい。


サイボーグ時代 リアルとネットが融合する世界でやりたいことを実現する人生の戦略 (きずな出版)
吉藤 オリィ (著)
PHP研究所 (出版)
2019-01-21 (発売日)


では!