仮想サーファーの波乗り

仮想サーファーの日常

プログラミング・SNS分析・仮想通貨・自動化などに関してよく書く雑記ブログ

「異世界転生」系マンガ!ここ2ヶ月間で読んだ30冊の中で個人的に面白かった作品を紹介する


f:id:virtual-surfer:20190112114107p:plain

ここ2ヶ月間「異世界転生」系のマンガばかり読んでいて、気づいたら30冊以上読んでいました( ・v・)b

最近の異世界転生系のマンガは、裏切られた平凡スキルの主人公が恨みで最強になる、元ニートが改心して最強になる、魔物を育てて過ごす、社畜がホワイト企業に転生(転職?)するなど、めちゃくちゃ多様になっていてめちゃめちゃ面白いんですよね!

読み始めたら関連マンガをレコメンドされるから、止まらなくなってしまう...。


今回はその中でも、個人的に面白いなと思ったマンガたちを紹介していきます!

「気分転換にマンガ読みたいな〜。」と思った時に読むとよいです( ´ v ` )ノ


個人的に面白かった異世界転生マンガ

それでは、個人的におもしろかった異世界転生マンガを紹介していきます。



Re:ゼロから始める異世界生活

Re:ゼロから始める異世界生活 1 (MF文庫J)
長月 達平 (著)
KADOKAWA / メディアファクトリー (出版)
2014-04-24 (発売日)


知名度高すぎて紹介するまでもないですね。異世界転生系のマンガで初めて読んだ(アニメで観た)のがリゼロでした。

急に異世界転生した主人公の菜月昴が死ぬ度に初期状態へと戻る「死に戻り」という状態になることが特徴的。異世界転生系のマンガの中では群を抜いて世界観がつくりこまれていて、登場人物の1人1人の言葉がところどころ印象的で、人物像も強く印象に残る物語。


登場人物一人一人がどんな人生を歩んできていて、なぜ今その行動を取っているのかを考えさせられる。

異世界人だから共感できるはずないのにどこか登場人物の生い立ちと感情に共感できてしまうし勇気付けられる。


観たことない人はマジで観て欲しい作品です( ・v・)/


Amazon Prime Videoでアニメを無料で観ることができるので、こちらもぜひ。キャラクターそれぞれの感情の乗った声がめちゃくちゃいい。


『Re:ゼロから始める異世界生活』
--- (監督)
小林裕介 (主演)
myシアターD.D. (製作)



転生したらスライムだった件

転生したらスライムだった件1 (GCノベルズ)
伏瀬 (著)
マイクロマガジン社 (出版)
2014-05-30 (発売日)


こちらも異世界転生系の作品で、マンガ・アニメが有名ですね。

初めてタイトルを見た時は、「スライムに転生するとか意味わかんねぇ。。。著者さんキャラ設定ひねりすぎたのでは?」と疑ってかかりましたが、マジでひねられすぎてもう訳がわからなくなる。笑

物語の初期の初期でチート的な状況になりその後は敵なしになってしまう展開は、他の異世界転生系のマンガにとっての王道を作り出した感もありますね。


ちょうどいまAmazon Prime Videoでもアニメが配信されていますね。

『転生したらスライムだった件』
岡咲美保 (主演)


リムル(主人公)の声がスライム感があってかわいいです。大賢者の声も脳に響く感じが表現されていて良い。



最果てのパラディン

最果てのパラディンI (ガルドコミックス)
奥橋睦 (著)
オーバーラップ (出版)
2018-03-25 (発売日)

生前は伝説の存在だった不死者の3人の元で育った主人公が、3人に鍛えられながら育っていく物語。

なんで不死者に育てられてるの?とか、なんで転生して捨て子になったの?とかあらゆる疑問を残したまま、謎の存在の3人に育てられるので、疑問しかない展開で進んでいくのですが、徐々にその理由が明らかになっていって次の物語を読むのが待ち遠しくなる作品。


マリーという主人公の母親がわりの存在がいるのですが、彼女の言葉がところどころ胸に響きます。

性善説な言葉ばかりなので普通なら「そんなん理想論じゃん!!」となりそうなのですが、どのような場面でどのように伝えるさせるかによってここまで胸に響くものになるのかと驚きます。


こちらも読んだことがない方には、ぜひとも読んで欲しい作品。


盾の勇者の成り上がり

盾の勇者の成り上がり 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
藍屋球 (著)
KADOKAWA / メディアファクトリー (出版)
2014-07-23 (発売日)

戦闘において役に立たないとされる盾の勇者として転生した主人公が、他の勇者や仲間だと思っていた人に裏切られて人格がひんまがる作品。

周りからの信頼もお金も持たない盾の勇者があらゆる策をめぐらして他の勇者たちよりも強くなっていく過程が涙ぐましすぎる。


努力せずに力を得てしまってその後も努力しなかった他の3人の勇者と、力がなかったがために努力せざるを得なくて努力し続けた盾の勇者の価値観の変化と能力の変化が面白い。悪役の描き方もよく書かれていて、見る側にとっては共感しやすい勧善懲悪な世界観になっている。


異世界転生もののマンガは、

・最初からチートな能力を得て無双するストーリー展開
・理不尽な状況から何が何でも脱してやると急成長するストーリー展開
・奇をてらったような異色のストーリー

の3種類がありますが、この作品は「理不尽な状況から何が何でも脱してやると急成長するストーリー展開」で物語がすすんでいきます。



LV999の村人

LV999の村人(1) (角川コミックス・エース)
岩元 健一 (著)
KADOKAWA / 角川書店 (出版)
2017-12-26 (発売日)

普通はレベルが上がるはずのない村人がLv999にまで上がっている物語。

「これは、よくあるチート作品かな??」と思ったら全然違っていて、主人公の村人は死ぬ思いをしてレベル上げをしている。

しかも村人のレベルが上がる条件がめちゃくちゃ理にかなっていて、納得感がある作品。モンスターを倒したら勝手にレベルが上がるわけではなく、ある特定の条件を満たさないとレベルが上がらない村人。その境遇でありながら最強のLv999になった経緯が印象深い作品です。

あと、異世界転生系マンガって勧善懲悪の物語が多いけど、この作品はちょっと毛色が違う。

主人公は、「そもそも世界の仕組みはなぜそうなっているのか?」「ほんとうに人々が思っている敵は敵なのか?」@なぜ争いは無くならないのか?」に関して思いを巡らせていて、そこが特徴的。


厳密にいうとこの作品は異世界転生系マンガではないのですが...。面白いので...。紹介してしまいました。


スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)
森田季節(GAノベル/SBクリエイティブ刊) (著)
スクウェア・エニックス (出版)
2018-01-12 (発売日)

THEほんわか系マンガ。

ここまで紹介してきた異世界転生系のマンガは「闘え!」「成長!」「正義vs悪!」みたいな世界観でしたが、この作品は超ほんわか。

主人公は不老の体になったため衰えることがなく、戦うのが嫌だからスライムばかりを300年間倒し続けていて気づいたらレベルがむちゃむちゃ上がっていたという。登場人物がほぼ女性でほんわかしたいときに見ると良さそう。



マズ飯エルフと遊牧暮らし

マズ飯エルフと遊牧暮らし(1) (少年マガジンエッジコミックス)
大間九郎 (著)
講談社 (出版)
2018-04-17 (発売日)

遊牧生活をしているエルフの元に転生してきた主人公が料理をする物語。

転生してきた世界では料理がめちゃくちゃまずく、「食事 = つらいもの」という認識が一般的だった。そこで異世界からきた主人公が料理をしてエルフや他の種族たちが美味しい料理を経験し、「食事 = 幸せなもの」と認識を変えていく。


料理 × 異世界というニッチなテーマで進んでいくので特徴的で面白い作品です。


シロクマ転生 森の守護神になったぞ伝説

シロクマ転生 森の守護神になったぞ伝説 1 (MFC)
草野 ほうき (著)
KADOKAWA / メディアファクトリー (出版)
2018-02-22 (発売日)

「転生したらシロクマだった」というトンデモ設定の物語。

転生したらスライムの同じ系統の物語かな?と思っていましたが、読んでみると人間 vs 獣人の構図がある中で、獣人が襲われ続けるのを人から守るというストーリー展開でした。


登場人物の獣人がかわいらしく、逆に欲深い人間が醜悪に描かれている作品。


社畜が異世界に飛ばされたと思ったらホワイト企業だった

社畜が異世界に飛ばされたと思ったらホワイト企業だった 1 (電撃コミックスNEXT)
髭乃 慎士 (著)
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (出版)
2018-11-24 (発売日)

もともと典型的なブラック企業に勤めていた主人公が目を覚ましたら異世界(超ホワイト企業)に転生(転職?)していた物語。

ブラック企業とホワイト企業の待遇や働き方の違いを面白おかしく描いていて、ホワイト企業にしか勤めたことない人からすると「こんな働き方存在しないでしょ〜。」となる作品で、ブラック企業でしか働いたことがない人方すると、「こんな働かなくていい職場があるわけがない!そんなことで給料がもらえるはずない!」となりそうな作品。


「ブラック企業」とその逆の「ホワイト企業」が取り沙汰されるようになり、一般的になった現代だからこそ生まれた作品だと思うと面白い。



まとめ

以上、「「異世界転生」系マンガ!ここ2ヶ月間で読んだ30冊の中で個人的に面白かった作品を紹介する」でした。

ここで紹介したものの2~3倍は異世界転生系のマンガを読んでいるのですが、今回紹介したのはその中でも個人的に面白いと思ったものたちです。


今後新たに読んだもので面白いものがあったら順次追加していこうと思います!

「え!あの作品がない!」「この作品も面白いよ〜!」とかご意見あれば教えてもらえるととっっっっても嬉しいです( ´ v ` )ノ


では!