仮想サーファーの波乗り

仮想サーファーの日常

プログラミング・SNS分析・仮想通貨・自動化などに関してよく書く雑記ブログ

社会人2年目Webエンジニアに生命保険大手会社からヘッドハンティングの連絡がきたんだが?


...なんでやねん。


ぼくは社会人2年目でWebエンジニアとして働いています。

普段の仕事はパソコンの黒い画面をみながら「ああ〜。処理を共通化するにはこの部分切り出したほうがいいな。いや、こっちの方が処理速度早いし処理件数増えても耐えられる実装になるんちゃうか。ああ、でも例外発生したらエラーログからデータ復旧できるようにしないとだからこの実装じゃ考慮足りてないな...。」とあれこれ思考をめぐらせ、不具合が見つかったらどこに不具合があるのか探し、バグをひたすら潰していくというお仕事をしています。


そんなエンジニア職まっさかりの僕に昨日、営業で有名な〇〇〇〇〇〇〇生命(仮想サーファー調べ)からヘッドハンティングの連絡が来ました。

f:id:virtual-surfer:20181128002929p:plain


なんでも、僕のことを紹介してくれた人がいるようで、その人からの紹介で僕に連絡をくれたようです。


なんで僕に連絡がきたのか( ´ へ ` )?

学生の時には営業をずっとやっていて、人と向き合うことばかりやっていたのですが、社会人になってからは黒い画面としか向き合ってないですからね。

紹介した人の真意が気になる...。


今のところ、生命保険業界・営業職にジョブチェンジする気は無いのですが、どんな話になるのか気になるので来週カフェでお話して来ます。


続編また書きます。