仮想サーファーの波乗り

仮想サーファーの日常

プログラミング・SNS分析・仮想通貨・自動化などに関してよく書く雑記ブログ

【イベントレポ】GOOD DESIGN EXHIBITION 2018で印象的だった出展まとめ


f:id:virtual-surfer:20181103170212p:plain

先ほど、六本木ミッドタウンで11/4(日)まで開催されているGOOD DESIGN EXHIBITION 2018に行ってきました!

1957年に当時の通産省(現 経済産業省)によって創設され、1998年に民営化されたグッドデザイン賞の出展で、2018年度は4,789件もの審査対象数となったそう。

出展されているデザインの中で特に印象的だったものを書いておきます。


開催情報

開催場所 東京ミッドタウン(六本木)

六本木駅から出てすぐの東京ミッドタウン イーストの地下1階で入場受付がありました。

11/3(土)の14時ごろに行きましたが結構混んでいて入るまでに5分弱待ちました。中に入っても結構人が多くて歩き続けるのが厳しい場所もあるほど。お昼時に行くのは避けた方が良いかもしれません。


印象に残ったデザイン

個人的に印象に残ったデザインを紹介しておきます。


COBBITA ~API活用して動作制御可能ロボット~

f:id:virtual-surfer:20181103163355j:plain

APIを活用して制御することが可能なロボットCOBITTA。今回の展示の中で一番最初に見たもので、一番欲しいなと思いました。どんなふうに開発できるのかわかりませんが、アプリケーションを作成してスマホアプリでボタンをタップすることで特定の動作をさせることもできそう。


GVIDO ~楽譜のデータ管理アプリ~

f:id:virtual-surfer:20181103163559j:plain

これまで紙で管理されていた楽譜を、データとして管理することができるアプリケーション。紙で管理すると膨大な量になるのをデータ化することで管理を楽にしようという試みはよいですよね。


バスNAVITIME ~バスの時刻表データ整備~

f:id:virtual-surfer:20181103163803j:plain

従来はバス会社各社が紙で管理していた、もしくはネット上に散財していたデータをバス会社各社とデータのやりとりをして、時には手作業でデータを整備することでバスの時刻表を管理できる状態にしたプロジェクト。

2006年から11年間もの期間をかけて取り組んだプロジェクトということで、現場の苦労がしのばれる出展物でした。


MOTIVATION CLOUD ~組織改善コンピューティングプログラム~

f:id:virtual-surfer:20181103164039j:plain

これまでは数値化できていなかった従業員のモチベーションなどのデータを可視化し、組織の状態診断、状況改善の戦略を描くためのクラウドツール。HR系のSaaSサービスは数多く出てきている中で、モチベーション・組織の生産性改善などに特化した切り口のSaaSの第一想起はモチベーションクラウドにあるのではないかと。

最近はCM広告やタクシーの中での広告などにもモチベーションクラウドの広告が出向されていて、プロモーション予算を増やしている気がしますね。


Gororo ~6秒でバッテリー交換できる電動スクーター~

f:id:virtual-surfer:20181103164939j:plain

台湾発の6秒でバッテリー交換ができるという電動スクーター。交通量の増大に伴う排気ガス問題が大きくなってきている台湾ならではのサービスだなと。わざわざ日本のGOOD DESIGN EXHIBITION 2018に出展しているということは、日本での販売も視野にいれているということでしょうか。一度は乗ってみたいですね。

以上、GOOD DESIGN EXHIBITION 2018で印象的だった出展まとめでした。


では!