仮想サーファーの波乗り

仮想化エンジニアの日常

プログラミング・SNS分析・仮想通貨・自動化などに関してよく書きます。

Binanceの1年間の振り返りレポートの要約と個人的に気になったこと


Binanceの1年間の振り返りレポートが記事になっていました。

t.co

面白い内容だったので、個人的に思ったことをまとめておきます。


Binanceの1年間のレポートを読んで感じたこと

Binanceレポートの要約がこちら ↓ です。

<これまでの実績>
・取引開始後42日で世界10位の取引所になった。
・取引開始後165日で世界1位の取引所になった。
・利益の20%を使ってBNB(Binance coin)を買い戻し、1年間で750万以上のBNBをバーン(永久的に使えなくする)してきた。
・1年間でBNBの価格は、0.00005BTC -> 0.0026325BTCで52倍程度に価格上昇。
・12言語に対応し、20万件のお問い合わせに対応してきた(顧客の仮想通貨の消失ミスへの対応13億円分)
・143のプロジェクトに対応し、370以上の仮想通貨取引ペアに対応。

「取引開始1年以内に世界一になったよ。」ってサラッと言ってますが、めちゃくちゃすごいことですよね(°▽°) ちなみに、日本で一躍有名になったCoincheckは2014年に設立されています。利益の20%を使ってBNBを買い戻してBurnしているのと、Binanceで取引する時にはBNBを使えば取引手数料が他のコインを使う場合に比べて1/2の手数料で済むこともあってか、BNBの利用者(≒保有者)は増えているのかなと思います。そんで、お問い合わせ対応20万件以上、ミスで消失したコインを13億円分対応しているのも知りませんでした( *`ω´)


<今後の予定>
・9/11:iOS/Androidアプリリリースを予定
・11/6:Binance Labsの立ち上げ
・12/18:Windowsクライアント対応
・2019/02/05:Binance Info
・2019/03/03:Binance Chain
・2019/03/22:MacOSクライアント対応
・2019/06/22:Binance Uganda
・2019/07/09:Binance Charity Foundation

今後の予定は気になるものばかり!個人的には、Binance Ugandaがめちゃくちゃ気になります。

f:id:virtual-surfer:20180719212516p:plain

詳しいことは書かれていませんが、法定通貨と仮想通貨のオリ引きを行うとされているので、ウガンダで仮想通貨(BNB?)で買い物ができるようになるということでしょうか。


仮想通貨界隈インフルエンサーの反応

仮想通貨界隈でも賑わっているBinanceのレポート記事。


では。