仮想サーファーの波乗り

仮想サーファーの日常

プログラミング・SNS分析・仮想通貨・自動化などに関してよく書く雑記ブログ

ブログ書き始めて半年が経ったし、PV伸びやすい記事とか振り返る


「仮想通貨の投資状況とか、日々学んだことを適当にアウトプットしていくか〜。」

と今年の1月になんとなく始めた本ブログですが、なんとか半年間続けることができました( ・v・)b

今回は、半年間ブログを更新してきてどのくらいPVは伸びたのか、どのような記事がどのように伸びやすいのかを振り返っていきます。これからブログを始めようと思っている方や、始めてすぐの方の参考になる部分があれば。


半年間での実績は?

半年間ブログを書いてきて、PV(サイト全体の閲覧数)・読者数などがどのような結果となったのか見ていきます。


まずは読者数

f:id:virtual-surfer:20180710231618p:plain

150人...!多いとみるか少ないとみるかは人それぞれだと思いますが、カテゴリも絞らず雑記的に記事を書いていくスタイルのこのブログに150人も読者がついてくれていることに感謝ですね(T ^ T)


次にPV。直近1ヶ月間のPVは以下のような推移となっています。

f:id:virtual-surfer:20180710231840p:plain

1ヶ月前には1日の平均PVが200程度だったのが、ここ1ヶ月で400~500PV/日ほどに成長してきました( ' v ' )b

これには色々要因があるかと思いますが、その要因分析は後ほど行います。また、6/26だけPVが2000超えになっていますが、その原因も後ほど。


日次でのPVが200だった頃は月間のPVが6000程度だったのが、日次でのPVが伸びたことで月間PVは1万越えになったということですね。ブログ始めてすぐの時期は、記事を書いても書いても1日のPVが50程度から伸びず、「この程度の人数にしか見てもらえない記事って、書く意味なくね???」と何度も更新をやめかけましたが、継続していれば少しずつ上がっていくものなんだなあと実感できました。


ここ1ヶ月で記事のPV伸びた要因は?

ここ1ヶ月でPV数が伸びた要因

ここ1ヶ月でPV数が伸びた要因ですが、3つ考えられると思っています。それぞれ書いていきます。


①ニッチな検索ワードで検索されて検索数が伸びた

ブログを書き始める前から、「少数の人が興味を持つニッチなテーマの記事で検索上位に表示されることを目指せ!」ということを書いている先人ブロガーの方を多く見かけていました。ペーペーブロガーの時は、「アホか。ニッチな領域で書いても読んでくれる人少なくて意味ねえじゃん!」と思っていましたが、半年間書いてきた記事の中で閲覧数が伸びている記事を調べると、ニッチなテーマでの記事の効果を実感できました。

f:id:virtual-surfer:20180710233342p:plain (写真:Google Search Consoleのデータ)

上の画像はこのサイトの検索上位のクエリ(よく検索されているキーワード)のランキング上位10個なのですが、「絶食」や「エストニア」や「アービトラージ」など、いずれもニッチな検索キーワードが上位に入ってきています。

実際に「絶食」というキーワードでGoogleで検索してみると、検索上位4位に入っていることがわかります。

f:id:virtual-surfer:20180710234019p:plain

インターネットマーケティング会社のInternet Marketing Ninjas社が調査した結果によると、1位の検索結果はクリックされる率が20%近くあるのに対し、10位以下になると1%前後になることが分かっています。

f:id:virtual-surfer:20180710234629p:plain (画像:Announcing: 2017 Google Search Click Through Rate Study

つまり、検索数が多く、競合となる記事も多いビッグワードをテーマとした記事ばかりを書いていると、検索順位が上がらず記事それぞれの自然検索からの流入数は伸び悩むことになります。僕自身、2018年1月という仮想通貨ブログ後発組みにも関わらず「仮想通貨 チャート」「仮想通貨 買い方」などのビッグワードを狙って記事を書いて全くPVが伸びないという状況に陥っていました...。

2017年の初期から「仮想通貨 買い方」や「仮想通貨 取引所」など、後々検索数が増えてビッグキーワードになるであろう記事を書き続けていたブロガーが既にビッグキーワードでの検索ランキング上位にひしめいていた状況で、ビッグキーワードを狙いに行くのはあまりにも無謀でした。

「絶食」というキーワードで検索5位にあり、「絶食」というキーワードでの1日あたりPVが60程度あるので、「絶食」というキーワードでの1日の検索総数は1500程度であることが予測できます。この程度の検索数でも検索順位5位に入るだけで1日60PVの記事になるので、「より検索数が多い×競合記事が少なく検索上位を狙える」記事のテーマを見つけることができてそのテーマでの記事をしっかりと書くことができれば、PVは確実に伸びていくんだろうなと。

とはいえ、「より検索数が多い×競合記事が少なく検索上位を狙える」記事のテーマを見つけることが難しいので、これをいかに有効に行えるかが勝負どころですね。今後色々試していこうと思います。


②記事の更新数が増えたことで、サイト全体のPVが伸びた

ここ1週間、記事の自動生成・投稿に挑戦していました。その結果、平日は毎日2記事・週末は1日に1記事を自動で投稿できるようになり、記事の更新回数・頻度がこれまでより上がりました。その結果として、サイト全体のPVが伸びたというところがあるのかな?と思っています。

自動で記事を生成・投稿してPVがある程度伸びていくなら、ライターの仕事はなくなっていきますね...。(詳しくは↓に書いてます)

www.virtual-surfer.com


記事の自動生成・投稿したものが長期的に読まれるのか?(自然検索からの流入が期待できるのか?)は長期的に検証してみないとわからないことだと思うので、こちらは1・2ヶ月後に結果を検証していきたいと思っています。

以下のようなブロガーの仕事を代替できたらなあ...。と画策中。

ブロガーの仕事

・検索数ある程度見込めて、競合の少ないニッチなテーマの領域を探す
・ニッチなテーマでの記事を書くための情報(データ)を集める
・記事にまとめる
・デザインや画像など整理してブログ記事として投稿する
・SNSなどで記事を更新したことをシェアする


③HTTPS化したことで、Googleに高評価されやすくなった?

はてなブログ記事のHTTPS対応がされたタイミングで、このブログのHTTPS化対応を行いました。確証がないしどの程度影響があったのかわかりませんが、HTTPS対応したことによって、記事の検索上位に表示される確率が上がったのではないかなと。

f:id:virtual-surfer:20180711001123p:plain (画像:Google Developers Japan: 保護されたウェブの普及を目指して

GoogleはこれまでHTTP通信のサイトは「Not Secure」と表示するなど、サイト運営者がHTTPのサイトからHTTPSサイトへ移行するように動いていたと思いますが、その動きが少なからずGoogleのページランクの仕組みに組み込まれていたならば、今までHTTP通信だったことで検索結果の上位に表示されにくかった状況にあったはずです。

それが今回のはてな社のHTTPS対応によって、多少なりとも改善されたのではないかということです。

ページランクの上位に表示される以外にも、サイトに「Not Secure」と表示されないだけでも読者の印象はだいぶ変わりますからね。その影響も少しはありそうです。


1日に2000PVにプチバズが生まれた要因は?

次に、プチバズが生まれた要因に関してみていきます。この要因はシンプルで、「Twitterでバズったつぶやきに記事のリンクを貼り付けた。以上。」です。笑



↑こちらがバズったツイートなのですが、何の気なしにツイートしたものが5000リツイート超というバズを見せたので、そのツイートに返信する形で自分のブログの記事リンクを貼り付けておきました。Twitterの仕様上、自分の記事にツイートに対しての返信は一番上に表示されるので、このバズったツイートを見た人がツイートへの返信を見ようとすると必ずブログの記事を目にすることになるので、クリック率が4%とかだとしても、50000人以上に見られている(←インプレッションが50000だった)ので、記事への流入が2000に伸びたわけですね。

「Twitterでのバズを生み出すことができれば、簡単に記事のPVも伸ばすことができるじゃん!」と思い至って色々バズりそうなツイートを研究しましたが、リツイート数100越えのツイートは簡単にはできないことがわかりました。笑

「たまたまツイートがバズったら記事の紹介もする」くらいのスタンスでいればいいのかなと思います。


まとめ

以上、ブログを半年間書いてきての振り返りでした。

PVを伸ばすことが全てではないけど、どうせ記事を書くならより多くの人に見てもらいたいし、何か意味のある記事を書いていきたいと思っているので、これからも意味のある記事を更新できるように頑張りまする( ・v・)/


では〜