仮想サーファーの波乗り

仮想化エンジニアの日常

プログラミング・ブロックチェーン・VR/AR・作業効率化・中国事情などに関してよく書きます。

上海虹桥国際空港で一晩過ごすことはできるのか?試してみた


上海虹桥国際空港を早朝の6時半発の飛行機に乗る必要があり、近くのホテルに泊まるのもめんどくさかったので空港に素泊まりしてみることにしました。

素泊まりしてみての結論としては「うるさくて寝れないが、一晩過ごすことはできる」でした。

今回は、地下鉄2番線から上海虹桥国際空港第1ターミナルへの移動方法、上海虹桥国際空港第1ターミナルでの一晩の過ごし方をまとめておきます。


地下鉄2番線から、上海虹桥国際空港第1ターミナルへの移動方法

上海虹桥国際空港の場所は ↑ こちら。


f:id:virtual-surfer:20180505145839j:plain

地下鉄2号線の虹桥1号航站楼駅で降りて、地上に出てすぐ屋根のあるターミナルへの道が見つかります。ここをまっすぐ進んでいきましょう。


f:id:virtual-surfer:20180505145904j:plain

空港のターミナル入口を見つけることができました。第1ターミナルに到着です。


上海虹桥国際空港第1ターミナルの様子


f:id:virtual-surfer:20180505150014j:plain

上海虹桥国際空港第1ターミナルで一晩を過ごすなら、出発口の中に入ってすぐのベンチに座って過ごすのが一番だと思います。(3つ分の席を使って横になって寝ていたらさすがに怒られました。)

ベンチの近くにトイレとLAWSONもあります。ここで軽食やドリンクを買っておくといいでしょう。22時までしか営業していないようなので注意です。


f:id:virtual-surfer:20180505150109j:plain

2階の国内便出発口付近にスタンディングデスクとともにコンセントがありました。最高。


周囲がうるさくて寝れなかったので、ずっとPCでこの記事や他の中国旅行中のブログ記事をまとめて6時間くらい過ごしていました。

空港で寝れないことも想定して、インターネットを使わなくてもできる時間が潰せるように単行本を持っておいたり、PCをフル充電しておいて利用できるようにしておくと良いと思います。何か作業をしていれば思ったより時間は早く過ぎますからね。


では!