仮想サーファーの波乗り

仮想サーファーの日常

プログラミング・SNS分析・仮想通貨・自動化などに関してよく書く雑記ブログ

中国 杭州での地下鉄の利用方法と路線図


今回は杭州(中国)市内での地下鉄の利用法を紹介します。

僕は初めて利用するときに何も事前情報なしで臨んだので無駄にドキドキしてしまいました。事前に調べてから利用することをオススメします。


杭州での地下鉄利用方法


f:id:virtual-surfer:20180505091437j:plain

まずは地下鉄の駅に行きます。


地下鉄の駅中に入ると券売機があるので、そこで乗車券を購入します。

f:id:virtual-surfer:20180505091501j:plain

まずは目的地の場所をタップします。


f:id:virtual-surfer:20180505091537j:plain

利用料金が表示されるので、その料金を投入しましょう。龙翔桥(Longxiangqiao)站から市民中心站までは3元でした。使える紙幣・コインは駅によって違うので注意してください。1元コインと5元札は比較的どこの駅でも対応していました。


f:id:virtual-surfer:20180505091701j:plain

紙幣投入口があるので、ここに紙幣を入れます。


f:id:virtual-surfer:20180505091806j:plain

料金を投入したら乗車カードが出てきます。お釣りが出てくるかちょっと心配していたのですが、普通に出てきました。


f:id:virtual-surfer:20180505091833j:plain

このカードを持って改札にタッチします。しばらくすると改札口が開くので、改札から中に入って行きたい路線にいきます。天井に何番線はこちらと表示された看板があるので、それを参考にすれば行けます。


f:id:virtual-surfer:20180505091926j:plain

駅のプラットフォームにいけば、上の方に停車駅の情報が書いてあるのでそれを参考にmaps.meなどの地図アプリと照らし合わせて確認すれば迷うこともなく乗ることができます。


f:id:virtual-surfer:20180505092013j:plain

電車内の様子。つり革の形状が横長で広告が横長に展開できるのが日本と違って面白いです。広告幅広い方がいろんな広告出せて便利だし、今後電子広告化するってなってもしやすそう。


f:id:virtual-surfer:20180505092050j:plain

目的地に着いたら、改札から出ます。一度きりのチケットを購入してるかと思うので、出るときはタッチではなくて日本の改札に切符を入れる要領でチケットを入れます。


杭州の地下鉄路線図

杭州の地下鉄路線図も載せておきます。これとmaps.meなどの地図アプリを照らし合わせれば目的地まで容易に行くことができるかと思います。

f:id:virtual-surfer:20180505092448p:plain
(画像:http://machigotopub.com/pdf/hangzhoumetro.pdf


以上、杭州(中国)での地下鉄の利用方法と路線図でした。

日本の地下鉄と似たところも多くて特に迷うこともありませんでしたが、事前に利用方法を知っておけば安心かと思います。

今回は杭州での地下鉄利用方法をご紹介しましたが、上海や深センも基本的には同じような仕組みになっていますが微妙な違いもあったのでそちらも記事にしておきます。


では~