仮想サーファーの波乗り

仮想化エンジニアの日常

プログラミング・SNS分析・仮想通貨・自動化などに関してよく書く雑記ブログ

中国・香港でVPN対応でインターネット利用するためにオススメの方法とその有効化方法


今回は、中国でのVPN対応インターネット利用方法としてのおすすめ方法を紹介します。事前に調べてみましたが、どれがいいのか良く分からなかったので、実際に使ってみてこれが良かったよという紹介をしていきます。


中国でのVPNインターネット利用で一番オススメな方法

結論から言うと、中国でのVPN対応インターネット利用は、SIMフリーの携帯電話を用意して香港SIMを利用する方法が一番だと思っています。理由は価格の安さ、通信できる地域の広さ、手軽さの3点です。

中国旅行前に様々な方法を検討し、Global Wifiをレンタルして利用する方法や、現地で携帯電話を購入する方法なども考えましたが、最も安くて十分にインターネット利用ができるという点で香港SIMの利用にしました。7日間使ってみて、結果的にいい選択だったなと思います。


香港SIMとは

僕が利用した香港SIMはコチラ。

2GB使えて1400円程度、2枚セットで2400円で買うことができます。Global Wifiでは1日1GB上限の利用でのコースだと7日間で1万円以上したので、旅行中はスマホをメインで使って、PCでがっつり作業をしたり、動画を視聴したりすることはない方には、香港SIMが断然オススメです。

注意点としてはSMS受信を行うことができない、山奥に行くと電波が弱く利用できないなどのデメリットがあります。

しかし、SMS受信はアカウントの有効化の際にしか利用しないことで対応できますし、市内では基本的に香港SIMでインターネットが使えた(深セン・杭州・上海・マカオに旅行に行きましたが、唯一つながりにくかったのは杭州の山奥のホテルと、マカオだけ)だったので、7日間以内の中国旅行なら、香港SIMで対応可能だと思います。同じ時期に中国に旅行していた友人がレンタルWifiを利用していたのですが、上海でも電波がつながりにくいと言っていたので、香港SIMの方が電波がつながりやすいのかもしれません。

注文してから最速で次の日には届くのも嬉しい点ですね。AMAZONで購入して次の日には自宅に届いたので、自分の携帯がSIMフリーかどうか一応Biglobeの店舗で確認し、香港SIMを持って中国まで行き、中国についてからSIMの有効化を行いました。手順に関して説明していきます。


香港SIMの有効化手順

SIMフリー端末のスマホを用意する

まず、日本にいる間に自分の利用しているスマホがSIMフリー端末になっているかどうかを確認しましょう。携帯利用契約先のキャリアに問い合わせればすぐにわかるはずです。僕はBIGLOBEを使っているのですが、店舗で聞くとすぐにSIMカードを抜いて試してみてくれました。

香港SIMの挿入(現地到着後)

SIMフリー端末であることを確認できたら、現地に着いてから香港SIMを有効化していきます。

f:id:virtual-surfer:20180504084831j:plain

iPhoneの電源を落としてから、iPhoneの場合は右側面にSIMカードを挿入する場所があるのでそこの穴にSIMカード取り出し棒を突き刺してSIM挿入カバーを出し、香港SIMを挿入します。

f:id:virtual-surfer:20180504085429j:plain

僕はiPhoneのSIM挿入カバーを取り出すための棒?を無くしていたので、成田空港で売店のおばちゃんにお願いして100円でいっぱい入っているクリップを貰い、それでなんとか開けることができました...。チェックインまでの時間もキツキツだったので、超焦りました。

アカウントの有効化(現地到着後)

f:id:virtual-surfer:20180504085619j:plain

SIMを挿入したら、設定 > モバイルデータ通信 > 通信のオプション > モバイルデータ通信ネットワーク と画面遷移し、モバイルデータ通信とMMSのAPNという欄に3gnetと記載します。

そのあと、一つ画面を戻ってデータローミングをONに変更します。これでSIMの有効化は完了です。超簡単。

ちなみに有効化手順はSIMの説明書にも書いてあるので、わからなくなったら説明書を参照すれば設定できます。


2GBってどれくらいもつの?

僕は7日間の中国旅で2GBのSIMを3枚 = 6GB分を持って行きましたが、結局2GB1枚だけで対応することができました。僕の旅行中のインターネット利用状況は以下のような感じです。

・朝の8時から夜の22時までネット利用
・日中はずっとシェア自転車で移動するためアプリがネット利用
・maps.me(地図アプリ)を適宜開いて、現在場所と目的地を確認する
・気になったことはGoogle検索する(平均すると1時間に1回程度)
・面白いことを見つけたら画像/動画つきでTwitterにつぶやく(1日に5~10回程度)
・夜はホテルで次の日に行きたい場所をGoogle検索

以上のようなネット利用状況で、1日のデータローミング(ネット)利用量は200MB程度(1GBの1/5)でした。7日目に1.2GBの利用で残り0.8GBも残っていたので、スマホからテザリングをしてPCでYoutubeを見ながらブログを書いて使い切りました。アカウント有効化から7日経過 or 2GBのデータローミング利用で、SIMでのデータローミングはできなくなるので、最終日にどうせなら使い切ろうと。

このことからも、普通にスマホで利用する分だけであれば2GBの一枚だけでも1週間程度は乗り切れます。「もっとネット使うよ!」という方は、SIMをより多めに持って行っておいたほうが無難だとは思いますが、それでも1週間で2GBのSIMが2枚あれば十分だと思います。


以上、香港SIMのおすすめ理由と利用方法でした。中国旅行に行かれる際はぜひ利用を検討してみてください~。


では!