仮想サーファーの波乗り

仮想化エンジニアの日常

プログラミング・SNS分析・仮想通貨・自動化などに関してよく書く雑記ブログ

Slack初心者向け これだけ覚えておけば作業がはかどるショートカット一覧


今回は、個人的にSlackでよく使うショートカット一覧をまとめておきます。


個人的にSlackでよく使うショートカット一覧


「command + Shift + A」...未読のメッセージ一覧表示

f:id:virtual-surfer:20180321145415p:plain

未読のメッセージ一覧を表示することができます。これはめちゃくちゃ使えるので、Slackを使い始めたら最初に確実に覚えておきましょう。


「R」...既読にする

All Unreads画面で「R」を押すことで、既読にしていくことができます。


「command + T」...スレッド一覧表示

f:id:virtual-surfer:20180321145240p:plain

これもよく使います。メッセージに対してスレッドが発生したものの一覧を表示することができます。最新のものから上に表示されます。


「command + K」...チャンネルの検索

f:id:virtual-surfer:20180321145108p:plain

チャンネルの検索→ジャンプをすることができます。特定のユーザーへのダイレクトメッセージ画面へも飛べます。日本語はたまに検索精度が悪いことがありますね...。


「command + tab」...Slackグルーグループの移動

f:id:virtual-surfer:20180321150627p:plain

一つ次のSlackグループに切り替えることができます。複数のグループを持っている方はよく使うかと思います。


「Command + Shift + Enter」...新しいスニペットを作成

f:id:virtual-surfer:20180321150004p:plain

特定のチャンネルで新しいスニペットを作成することができます。長文の文章を貼り付ける際などによく使いますね。


「Command + Control + F」...画面のサイズの最大化⇄縮小

f:id:virtual-surfer:20180321150039p:plain

f:id:virtual-surfer:20180321150101p:plain

画面のサイズを最大化・最小化の変更することができます。こちらも結構使います。


以上、Slackで個人的によく使うショートカットたちでした。ショートカットを使うことで操作時間を大幅に削減することができるので、ぜひ使ってみて覚えてみてください!


ちなみに ↓ コチラが公式のSlackショートカット一覧です。

get.slack.help


では!