仮想サーファーの波乗り

仮想化エンジニアの日常

プログラミング・SNS分析・仮想通貨・自動化などに関してよく書く雑記ブログ

日記はもはや不要?!GoogleMapで自分の行動履歴を調べる方法


「この前行った店美味しかったな!あの店の名前なんだったけな?」ていうこと、たまにありますよね。

そんな時にGoogleMapを利用して以前行った場所を調べる方法を紹介します。


GoogleMapでタイムライン検索


①GoogleMapでメニューを開き、タイムラインをクリックする。

f:id:virtual-surfer:20180303123248p:plain


②タイムラインの中から、自分の行動を振り返りたい日時を指定する。

f:id:virtual-surfer:20180303123731p:plain

たとえば僕の場合、2016年3月2日を指定するとカリフォルニアのサンノゼを移動してました。

ここまで位置情報がわかるのかと驚きましたが、日本国内2300万人程度の人がスマートフォンでGoogleMapを利用しているようなので、Googleは日本人全体の約20%の人の行動データを持っているわけですね。すげえ。

犯罪者がGoogleアカウント持ってて、現在地情報ONにしてたら警察がGoogleに要請して行動記録提供してもらえば事件の立証率・犯罪の解決数高まりそう。


GoogleMapでマイプレイス検索

 

ちなみに、普段から「現在地情報を提供ON」に設定していない場合はこの方法は使えません。

「Googleに情報提供するの嫌だ」ていう人は、常日頃から位置情報提供OFFにしとくのをオススメします。勝手にGoogleの情報ログに記録されちゃってるので。

それでは、GoogleMapで自分の行動履歴を確認する方法を見ていきます。   ①普段使っているGoogleアカウントでログインしてGoogleMapを起動する。

f:id:virtual-surfer:20180303121845p:plain

左上のメニューをクリックして、マイプレイスを選択。(英語だと「Your Places」になっています。)


②マイプレイスの中から、自分の探したい店の名前を探す。

f:id:virtual-surfer:20180303122144p:plain

自分が行った特定のお店のリンクをクリックすると、そのお店の情報が表示されます。

f:id:virtual-surfer:20180303122336p:plain

お店の情報の欄に表示されている「〇〇前訪問した場所です」という箇所をクリックすると、タイムラインが表示され、その日の移動履歴が表示されます。

f:id:virtual-surfer:20180303122541p:plain

この日は夜行バスを使って大阪梅田まで移動したっぽいですね。京都からきてるぽいので、東京からの夜行バスでしょう。かつ何時から何時までタリーズにいたかなども分かってしまいます。ここまで行動履歴がわかるともはや日記よりも正確に情報を記録できているのではないでしょうか。


まとめ

ここまで行動を特定されると思うと、位置情報ONにしているGoogleアカウントを誰かに乗っ取られたら「会社位置」「自宅場所」など筒抜けになってかなりヤバイことがわかります。Googleアカウント乗っ取られた?!と思った時は強制的にすべてのデバイスからログインして、パスワードを変更するなどしましょう...。

間違っても、他人とGoogleアカウントを共有しない方がいいですね。Googleアカウントにログインした状態で、スマホ・PCなどを持ち歩いていると自分の行動情報全部記録されています。身近な例で言うと、彼女に「Googleアカウント教えて!」と言われて「まあいいか」と教えてしまうと、何時にどこに行ったか自分の行動全部バレます。浮気してたら一発でアウト。予定合わない時の嘘とかも位置情報から「言ってたことと違うじゃん!」と問い詰められます。笑

この辺の最低限のリテラシーは高めていきたいところです!便利な反面、悪用されると相当厄介ですからね...。


では。