仮想サーファーの波乗り

仮想化エンジニアの日常

プログラミング・ブロックチェーン・VR/AR・作業効率化・中国事情などに関してよく書きます。

まだアナリティクス登録してないの?!ブログへのGoogleアナリティクスとGoogle Search Consoleの導入方法

今回は、GoogleアナリティクスとGoogle Search Consoleの導入から簡単な分析方法までをご紹介したいと思います!

ブログ開設してすぐのタイミングでは、そもそもアクセス数少なくて導入しても意味ないですが、アクセスが50PV/日以上を安定的に獲得できるようになったら、導入しましょう。アクセス急増タイミングが発生した時に、そこで何があったのかの分析に活かすことができます。また、Google Search Consoleを活用することで、自分のブログ記事がどのような検索語で検索されているのかを知ることができ、どんなタイトルでブログを書いていくのが良いのか考え直すきっかけにもなります。


Googleアナリティクスのはてなブログへの導入方法

それでは、はてなブログにGoogleアナリティクスを導入していきましょう。
まずは、こちらからGoogle Analiticsにアクセスし、Googleアカウントでログインします。

f:id:virtual-surfer:20180218133650p:plain

以上のようなページに遷移するので、「お申し込み」ボタンをクリックしてGoogleアナリティクスを開始します。

f:id:virtual-surfer:20180218133753p:plain

遷移先のページで、アカウント名・サイト名・サイトURL・業種・レポートのタイムゾーンをそれぞれ入力し登録します。すると以下の画像のようなポップアップが出てくるので、利用規約に同意できる場合は「同意する」をクリックしましょう。

f:id:virtual-surfer:20180218134227p:plain

これだけで、Googleアナリティクスの設定は終了です。次に、はてなブログの方で設定を進めていきましょう。はてなブログの「設定」→「詳細設定」→「headに要素を追加」という箇所に、Googleアナリティクスページに記載された「headに要素を追加」という箇所のコードをコピー&ペーストします。

f:id:virtual-surfer:20180218143731p:plain

コピー&ペーストが出来たら、「変更」をクリックして変更内容を確定し、変更が反映されていることを確認します。これでGoogleアナリティクスの設定は終わりです。


Google Search Consoleのはてなブログへの導入方法

次に、Google Search Consoleを導入しましょう。

こちらからGoogle Search ConsoleのページにアクセスしてGoogleアカウントでログインします。すると、以下のような画面になるので、「ADD A PROPERTY」をクリックします。

f:id:virtual-surfer:20180218145600p:plain

自分のはてなブログのサイトURLを入力して、登録します。

f:id:virtual-surfer:20180218145701p:plain

タグIDが埋め込まれたサイトの検索状況を分析するため、先ほどコピペしたGoogleアナリティクスのタグIDを利用します。Googleアナリティクスを選択して、VERIFYをクリックします。

以上の処理で、まだはてなブログにトラッキングコード情報を付与していない場合は、以下の説明を参考にして「headに要素を追加」を正しく設定しましょう。

f:id:virtual-surfer:20180218150142p:plain

VERIFYが成功すれば、Google Search Consoleの設定も完了です。


まとめ

これで、GoogleアナリティクスとGoogle Search Consoleを自分のはてなブログに対して設定することができました。あとは、アクセスの変動があった時にその背景をどんどん分析していきましょう!

次回は、GoogleアナリティクスとGoogle Search Consoleの簡単な使い方を説明していきます!


では!