仮想サーファーの波乗り

仮想化エンジニアの日常

プログラミング・SNS分析・仮想通貨・自動化などに関してよく書く雑記ブログ

はてなブロガー必読!HTTPの記事であることによる検索結果やPVヘの悪影響について


こんばんは!


はてなブログ民全員が知っておくべき情報に関して書いておきます!
昨日、2018年2月8日にGoogleのブログで以下のことが公表されました。

Beginning in July 2018 with the release of Chrome 68, Chrome will mark all HTTP sites as "not secure".
(引用:https://security.googleblog.com/2018/02/a-secure-web-is-here-to-stay.html


2018年7月からChrome 68において、すべてのHTTPサイトは「保護されていない通信です」と表示されるようになります。下の画像のような表示に変わるということです!これは、httpページのhttps化移行に苦戦しているはてな開発陣、はてなブロガーにとって大きなニュース。


f:id:virtual-surfer:20180209180701p:plain (画像:https://security.googleblog.com/2018/02/a-secure-web-is-here-to-stay.html


Googleは、これまでもhttp接続のサイトの検索順位を下げるなどの対応をしてhttpsへの移行を促していたですが、ここに来て本格的にhttps接続への移行を一気に本格化させたい動きですね。


今回は、これによって、はてなブログを利用しているはてなブロガーに対してどのような影響が生じ得るのかをまとめてみました。


httpページが「保護されていない通信です」と表示されることの悪影響とは?


結論から書くと、以下のような悪影響が考えられます。

・http記事の検索順位を下げるGoogleのロジックが強化され、記事のPV数が下がる
・「保護されていない通信です」と表示されることによって、読者が離れる


それぞれに関して説明していきます。


http記事の検索順位を下げるGoogleのロジックが強化され、記事のPV数が下がる


Googleのページランクの内部のロジックは企業秘密なので知ることができませんが、今回のhttpsへの移行強化の記事から読み取れるメッセージとして、http通信であることによる評価のマイナス分が大きくなるのではないかということが予想できます。そうなると、今までの検索流入からのPV数が全体的に低下してしまう恐れがあります。


ここは、次回のChrome 68に移行されることによってどのような記事が検索数が減り、どのような記事が検索数が増えるのかを検証することで、内部のロジックを予想したいところです。


「保護されていない通信です」と表示されることによって、読者が離れる


先ほどの悪影響は、そもそも検索数が下がるというものでしたが、こちらは実際にページを開いてくれた読者の方が「保護されていない通信です」という表示を目にすることで、ページから離脱する。もっと言うと、ページに対しての信頼感をなくし、2度と訪問してくれなくなる可能性もゼロではありません。現状では「i」マークをクリックしない限りは、読者が「このサイトは危険なのか?」と懸念を持つことはないですが、常時「保護されていない通信です」と表示されることによる影響はうかがい知れません。


このことを考えると、2018年7月までには何としても全ページhttps通信に対応していただきたいものです。


はてな社のhttpsへの移行状況は?今後どうなる?


全ページのhttps通信への移行を早く行っていただきたいところですが、はてな社の開発は当初の想定よりも遅れているようです。


はてなブログをHTTPSで配信できる機能は、2017年10月から2018年初頭にかけて以下の三段階でリリースします。段階的に進めることで、さまざまな影響を確認しつつ安全に対応したいと考えています。スケジュールは、状況により変動する可能性もありますのでご了承ください。
第一段階:はてなブログのダッシュボード・管理画面をHTTPS化します
第二段階:はてなが提供するドメインのブログをHTTPSで配信できるようにします
第三段階:独自ドメインのHTTPS化に対応します
(引用:http://staff.hatenablog.com/entry/2017/09/25/143000


2017年9月25日に発表されたはてな社からの開発予定によると、2017年10月から2018年の初頭にかけて第三段階までを終わらせます!としていましたが、現状まだ第一段階までしか対応ができていない状況のようです。


第一段階の対応完了したのは11月20日となっており、第一段階の遅れに伴って第二段階、第三段階の対応も遅れが発生しているとのことです。


staff.hatenablog.com


はてなブログのシステムは2011年の末にリリースされているので、裏側のロジックは複雑怪奇なものとなっていることが予想されます。
一エンジニアとしても開発陣の苦悩は理解できるので、無理をせずできることから優先度を決めて取り組んでいただきたいところですね。


はてなブロガーのみなさんにおきましては、検索順位や読者数が自身にとっての生命線となっている現状を認識し、はてな社が対応に遅れてしまっても問題なくサイトのPVを担保できるように、2018年の7月までにWordPressなどへの移行も考えても良いかもしれませんね。。。


この機会にwordPress触ってみても良いかもですね!


では!