仮想サーファーの波乗り

仮想化エンジニアの日常

プログラミング・ブロックチェーン・VR/AR・作業効率化・中国事情などに関してよく書きます。

絶対共感できない?!資産を全て仮想資産にすると劇的に変わってしまうこと5つ


こんばんは!今回は

「自分の保有資産を全て仮想通貨だけにする」

という1月1日からやっている謎ゲーの振り返りを書こうと思います。


僕が仮想通貨投資を始めたのは、10月ごろですがその頃投資したのはたったの10万円
当時の貯金も含めた全財産の1/5程度でした。
(つまり当時の貯金は50万円程度ですね。)

そこで30万円程度で買っていたEthereumを11月中旬くらいまで放置していると気づいたら50万円程度まで上がり、利益が8万円程度出るという結果に。

そこで僕が感じたのは、「8万円儲かったウェーイ!!」とか「もっと儲るぜ!!」とかではなく

「これは全財産かけてやった方がネタになって面白いのでは...?」

ということでした。

なぜかネタを追い求める精神丸出し。笑

その精神のもと1ヶ月程度生活してみて、1ヶ月前と劇的に変わった部分があるので、これから現金を仮想通貨に変えようとしている方の参考になればと思い、まとめておくことにしました!

全資産を仮想通貨に変えて変わってしまったこと?

ここから、資産全額仮想通貨あるあるを書いていきます。
多分、9割以上の方は、イメージすらできない感覚だと思います。笑

①自分の持っている資産が短期的に上下することに関心がなくなる。

僕の場合は現状100万円くらいの資産を仮想通貨として保有していますが、ほとんどチャートは見ることがなくなってきました。 年始の草コインブームの時や、韓国政府の規制報道による価格暴落が起きた時は 「どれくらい資産変わってるかな〜?」とちょろっと見るかなくらいです。
自分の資産の増減というよりは、市場全体が何に反応して、大衆はどう動くのか?に興味を持っている感じですね。

毎日資産が10万以上、上下する中で「昨日は上がったけど今日は下がった!!」とか毎日気にしてても仕方ないからですかね。本当に見なくなりましたね。

これは意外な変化でした。全財産を変えたらチャートに張り付くようになるのかなと思っていましたが、そんなに気にならなくなるものですね。


②普段の生活が限りなく質素になる。(しかも自発的に。)

これは、①とは一見すると矛盾していますよね。ですが
「どうせやるなら、出来る限り多くの自己資産を入れて上下幅を楽しみたいよね!」
というネタ come on マインドになっているので、変にランチとか夜ご飯とか趣味にお金を使って楽しみを削りたくないんですよね。

↑ちなみに、こんな感じの生活になってます。笑

仮想通貨投資始めるまでは25万円の手取り月収のうちの15万円は消費で消えていたのですが、仮想通貨投資を始めてから9万円程度に減りました。(家賃込み)

なので今は、毎月15万円程度を仮想通貨にぶっこんで実験できるという超楽しい状況になっています。


③仮想通貨をちょっとしか買っていない人と話すのを避けるようになる。

これはガチコイナー(資産の全額を仮想通貨に投資している人)のちょいコイナー(ちょっとしか仮想通貨に投資してない人)に対してのあるあるだと思います。

自分が資産の全額を仮想通貨に変えて、かつチャートを見ていない生活を送っているのに
5万円だけ仮想通貨持ってて、そのくせ無駄に税金とかICOにくわしい人を見ると

「え...。その程度しか身銭切ってないのにそんなにチャート見て楽しいの...?ざわざわざわわ。」と距離を置きたくなります。

例えるならば、こっちは「甲子園いくぞー!!」って練習励んでるのに、「ちょっと彼女とカラオケ行ってくるわ!w」とかって言われてる気分。それなのに、ルールとかには超うるさい。ちょっと危ないプレーすると、超指摘してくる...。


ルールとか詳しくなる前に、自分の身をもって試行錯誤しながら事実ベースで話そうぜ!と言いたい。分析はいいから事実で語ろうぜ。と。


④価格に連動して、親戚から生存確認連絡が来るようになる。


↑ 1/16~1/17の価格下落の日に生存確認来た。笑

これは完全に僕の凡ミスですね。

家族に仮想通貨投資をしていることをポロっと言ってしまい、むだな心配をかけるようになりました。笑

この場を借りて家族に伝えたい。
自己資金以上のお金は投資していないので、会社員として安定的に給料がもらえる限り、生存はできます。安心してください。笑


⑤将来が楽しみになる。

やっぱり何と言っても、これが一番大きいですね〜。

仮想通貨界隈がどうなるのかも楽しみですし、自分が興味を持って買ったコインがどのように社会実装されていくのかを見ることができそうなのは、とてもワクワクします。

もちろん価格が暴落して、最悪の場合は資産が0になるわけですが、それはそれで自分の人生にとって一つのネタができて良い収穫になります。

シナリオ的には、ここから4月・5月くらいにかけて大手企業(特に本業が仮想通貨関連ではない企業)の参入が拡大していって、徐々に市場が盛り上がっていくと同時に、何かしらの暗号通貨・ブロックチェーン関連サービスが増えていくとは思います。

それが僕たちの生活に浸透するようになるか、ならないかで価格の推移は変わっていくと見込んでいますが、おそらくまだまだ電子決済は進んでも仮装通貨決済、ブロックチェーンアプリケーション自体は浸透しないと思います。そこでセキュリティ関連の問題、公的機関の不正などが発覚して市場全体が伸び悩み、9月ごろまでは市場は安定的に推移して、10月ごろにコアなファンがついている本格的なブロックチェーンサービスが生まれ、生活に徐々に浸透してきたタイミングで市場全体が再度盛り上がりを見せていくという1年間になっていくと(超適当に)予想しています。

12月ごろに自分の資産がどの程度増減しているのか見てみるのが楽しみで仕方ありません。

まあ、また面白いことがあれば報告しますね!!笑

*自己資産を全額仮装通貨に変えるのは、自己責任で行ってください。この記事を読んで興味を持って仮装通貨に変えて損をした場合も一切の責任はとれませんんん〜。

では!