仮想サーファーの波乗り

仮想サーファーの日常

プログラミング・SNS分析・自動化などに関してよく書く雑記ブログ

これから副業先探しをする3年目以内のWebエンジニアが知っておくとよいこと

2019年2月からがっつり副業をしようと決め、今週5社くらいの会社さんと面談をしてきました〜! Webエンジニアとして本業で経験できることとは別に、副業先でもコード書けたらなあと思っていろいろと面談してみて気づいたこと、これから副業先を探そうとして…

【書評】『アリババの経営哲学』詐欺師扱いから中国を代表する起業家になった男の経営哲学

張燕さんの『アリババの経営哲学』。2014年に初版発行されていたものが、最近加筆されて出版されたようで手にとって読んでみました。 今となっては知らない人の方が少ないのでは?と言えるほどの企業となったアリババを創業した馬雲(ジャック・マー)が同社…

【書評】全ての若手エンジニアへ。10年の研究の集大成『エンジニアの知的生産術』はもう読んだか?

西尾 泰和さんの『エンジニアの知的生産術』読んだ。超良書だった。マジでこれはエンジニアみんな読むべき。 「社会人って忙しいよね。そんな中でも効果的に学習するにはどうすればいいんだっけ?」 「写経って意味あるんだっけ?なんでやるんだっけ?」 「…

【書評】自分の生き方を考えるコンパスになる『これからの世界をつくる仲間たちへ』 落合陽一

落合 陽一さんの『これからの世界をつくる仲間たちへ』を読みました! 2016年に初版発売された本なので内容が少し古くなっているかな〜と思って読み始めましたが、2019年の今読んでも参考になる指摘の多い本でした。 ・IT革命が起こり、オリジナルの専門性を…

竜馬が過ごした京都伏見。酒造と稲荷大社を巡る観光めちゃオススメ

司馬遼太郎さんの『竜馬がゆく』を読んで、竜馬が100人以上に斬りかかられても生き延びた事件があった料亭「寺田屋」がある京都伏見に行きたくなり、気づいたら京都行きのバスに乗っていました( ・v・)b 「竜馬がゆく」の感想は ↓ こちら。 www.virtual-surf…

【書評】司馬遼太郎の描く坂本龍馬にふるえた『竜馬がゆく』

先週1週間、ブログの更新もせずにずっと司馬 遼太郎さんの『竜馬がゆく』を読んでいました! Kindleで1巻から8巻まで購入して、1日6時間程度かけて読み続け、なんとか1週間で読み切ることができました( ・v・)b 幕末の志士の生き様、坂本龍馬をとりまく人々…

Local環境(手元のPC)でタスクを定期実行させるcronの使い方メモ

cronの使い方に関してちょっとハマったのでメモ。 cronに関して学んだことはこの記事に順次更新していきます。 cronとは? cronとは、スクリプト(ジョブ)を自動で実行するためのデーモンプロセスのこと。 Local環境(手元のPC)で、スクレイピングの定期実…

もう元文系エンジニア卒業するわ。ただのエンジニアになる。

もうタイトルの通り。 「元文系」とか「初心者でもできるようになった!」とか枕詞もう意味ねえなと。 「文系なのにプログラミングできるんですか?!すごい!!」とかって言ってくるの、プログラミングをやったことない営業職のパリピか、大学生のパリピく…

【書評】『FACTFULNESS』何も変えられないと嘆く現代人へのアンチテーゼ

ハンス・ロスリングさんの『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』を読みました! 数日前から社内Slackで話題になっていて気になっていたのですが、けんすうさんもオススメだと太鼓判をおされていて、…

【イベントレポート】Magic Leap Meetup #1 @DeNAでMagic Leapの体験してきた!

Magic Leap Meetup #1 @DeNAに参加してきたので、イベントレポートを書いておきます。 まだ日本では発売されていないARデバイスMagic Leapの体験ができるし、Magic Leap社の社員さんも登壇されるということで、楽しみにしていたイベント! 「Magic Leapって…

元文系エンジニアが応用情報技術者試験の勉強を始めたよという話

こんばんは。元文系エンジニア歴2年目の仮想サーファーです。 今回は、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)の「応用情報技術者試験」なるものに関して勉強をはじめたよというお話。 なんで勉強始めたのかとか、どんな感じで勉強進めているのかを中心に書き…

お金ない!結婚できない!勉強しない!貧困の悪循環にある日本と今後の大方針を政府資料から読みとく

今日会社で先輩に、日本の現状と今後の方針をまとめている経済産業省の資料を紹介されました。 「経済産業省の資料とか普段読まないし、いい機会だな!」と思って読んでみましたが ・なんで最近の若者ってお金ないの? ・日本ってどんな問題に直面しているの…

「書評記事を書くこと」を読書の一貫にしてしまうことのすゝめ

2018年1月にこのブログを始めてから、月に1,2冊程度のペースで書評記事を書いているのですが、結構オススメ習慣です! 1年間書評記事を書いてみて気づいた、書評記事を書くことのメリットとデメリットに関して今回は書いておきますね。 「普段本を読んでるけ…

【書評】『世界はシステムで動く』解決しても問題が起き続ける複雑なシステムに対する処方箋

ドネラ・H・メドウズさんの『世界はシステムで動く ―― いま起きていることの本質をつかむ考え方』を読みました! t学生の時に友達が読んでいて「うわ!難しそうな本!」と思っていましたが、所属している組織の問題、関わっているプロダクトの仕組みのどこに…

【書評】落合陽一さんの『日本進化論』PoliTechの観点から日本の課題に対しての洞察

落合 陽一さんの『日本進化論』を読みました! 自民党の小泉進次郎さんと落合陽一さんのPoliTechに関する議論、Yahoo!の安宅さんの日本国の財政状況と世界に比しての教育投資額の少なさなどへの言及、日本の現状と今後の日本の長期トレンドからどのような問…